ようこそ岩代へ 岩代の概要
岩代の地勢
岩代は、福島県安達郡の南東部にあって、東経140度29分2秒から140度41分23秒、北緯37度29分から37度25分21秒の間に位置しています。東西に長く、中央部がくびれて、ひょうたん状の地形となっています。
東部は阿武隈山地に属し、中部は山麓地形を呈しており、西部には丘陵地形が発達しています。
東部山麓地域には、1000メートル前後の山々が連なり、山腹斜面は開発されて牧場として利用されています。
岩代には三つの丘陵地形 針道丘陵、小浜丘陵、二本松丘陵があり、それぞれの丘陵地に集落が点在しています。
岩代の水系
岩代には、主に三つの河川が流れています。
東部を源流とする口太川(全長27キロメートル)
移々岳を源流とする移川(全長41キロメートル)
三春町を源流とする小浜川(全長13キロメートル)
です。
この三つの水系は岩代町の水瓶であり、口太川は旭地区を縦断し、移川は新殿地区を横断し、小浜川は中心市街地を割って流れています。
岩代の地質
地質の大部分は、火成類からできています。その中でも広く分布しているのが花崗岩類で、ほかは閃緑岩か斑れい岩です。
これらの岩石類は、阿武隈山地を形成している火成岩類に属しており、岩代町の基盤岩となっています。形成時期での最も古いのは「古生代」とされています。
岩代の気候
阿武隈山地は起伏に富んだ地形で、気候そのものの影響を受けています。
気温の最も低い時期は1月下旬から2月上旬で、最も高い時期は7月下旬から8月中旬です。
真夏日は例年32日ほどで、県内でも比較的多い方です。真冬日はわずか2日ですが、かなり冷え込む地域でもあります。
年間降水量は県内でも最も少ない地域の一つです。
岩代の生物
岩代の植物帯は温帯に属し、北西季節風と奥羽山脈の影響による太平洋気候区の植物が多く生息しています。
しかし、日山の山頂を除く森林の多くは伐採され、自然の植物群がますます少なくなってきているのが現状です。
そうした中で、日山の標高860メートル周辺には貴重なブナの自然林、さらにイヌシデ林が残されています。低地では小浜丘陵を中心にアカマツ林が点在しています。草原・原野の占有面積が広いため、植物や昆虫類の種類が豊富です。また実をつける樹木が多く、渡り鳥の経路にもなっています。
岩代桜開花情報
いわしろ観光パンフレットダウンロード
岩代観光協会
〒964-0392
福島県二本松市小浜字北月山27
TEL:0243-55-2111